禿は遺伝するというのは本当か?

良く言われることに、親が禿なら自分も禿げるということがあります。禿の遺伝子があり、それを受け継いでいる人は将来必ず禿げるというものです。遺伝的要素は実際、薄毛や禿に大きな影響があることが分かっており、あながち都市伝説とも言えない側面があります。遺伝的に禿げない人は、何をしても禿げません。まったくヘアケアに気を使わない人でも、禿げない人がいることからも分かります。食生活や生活習慣が乱れきっているような人でも、禿げない人は絶対に禿げません。

科学的にもある程度、薄毛や禿の遺伝的要素は解明されています。薄毛や禿を引き起こすのは、男性ホルモンであるテストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)という物質であることが分かっています。DHTは、毛乳頭のアンドロゲンレセプターと呼ばれる部分に結合して、毛乳頭のTGF-β1という因子を分泌して、毛母細胞の分裂を止めてしまったり、細胞そのものを死滅させてしまいます。これが薄毛や禿の主要な原因です。遺伝的に薄毛や禿になりやすい人は、このDHTとアンドロゲンレセプターが結合しやすい人です。禿やすい人は、DHTの作用が強く出やすく、それに対する感受性が高い人で、これは遺伝的要因が強くあります。

この遺伝子については、専門医に依頼すると検査してもらえます。禿や薄毛で悩んでいる人の多くがDHTに対する感受性が高い人で、こうした人は若いうちからAGA治療をしっかり受けると薄毛に悩まなくて済みます。とはいえ、DHTに対する感受性が低いからといって、薄毛や禿にならないわけでもなく、生活習慣の乱れやストレスによっても禿げることがあります。

ストレスは現代人にとっては諸悪の根源であり、薄毛や抜け毛、禿の原因になります。仕事でのストレスや日常生活でも家族との不和によるストレスで自律神経が乱れると血流が悪化し、毛根に充分な栄養が行きわたらなくなります。元々DHT感受性が高い人が、生活上のストレスを受けると、かなり早い段階で薄毛が進行し始めます。育毛シャンプーを使うなどして頭皮環境の悪化を防いでも、ストレスを溜めた状態では無駄になってしまうことがあります。また、食事も大きな要因となります。髪の毛の元はタンパク質です。タンパク質の不足は薄毛の原因になります。また、睡眠不足やタバコの吸い過ぎ、暴飲暴食は髪の毛には有害でしかありません。髪の毛が伸びるのは夜です。しっかり睡眠を取ることで髪の毛はすくすく育っていきます。遺伝的要素以外にも、生活には気を付けるようにしましょう。