薄毛の人に向いた髪型

薄毛の人にとって髪型は非常に大きな問題です。毎朝の髪の毛のセットに悩む薄毛の人は多いでしょう。薄毛になるのは主に頭頂部やおでこのM字部分で、髪の毛の裾の部分やもみあげには及ばないことが多くあります。髪の毛が薄くなる場合にはダメージを受けやすいてっぺんやおでこの生え際から始まることがほとんどで、薄毛の人はほぼ、この部分の薄さをなんとかしようとしてヘアセットをしているはずです。

近年ではあまり見かけなくなりましたが、薄毛の人が最も避けるべき髪型が裾の部分の毛を伸ばして頭頂部の禿げた部分に持ち上げるスタイルです。よく女性からバーコードハゲなどと揶揄されることのある髪型で、みっともないと思われがちです。禿を気にしているのが明らかで、それを隠そうとする心理を見苦しいと思われてしまいます。薄毛の人に向いた髪型は短髪です。オシャレボウズとか、ソフトモヒカンと呼ばれるスタイルで、男らしく見えます。タレントの所ジョージさんや小堺一機さんなどがやっている髪型で、上手な美容師さんに切ってもらうと、カッコよく決まります。

オシャレボウズやソフトモヒカンに薄毛の人がチャレンジするときに注意したいのが、サイドとバックを思い切り刈ってしまうことです。バーコードの逆の発想です。サイドとバックを短くすると、相対的に頭頂部の薄さが気にならなくなります。ちょっと明るめの茶色にすると、なお印象が良くなります。仕事の内容によっては髪型に制限がかかることもありますが、近年ではソフトモヒカンはオシャレな髪型として認知されており、むしろ好印象になることも多くあります。長髪ではなく、短髪にというのが薄毛の人に向いたカットの仕方です。

いったんソフトモヒカンにすると、AGA治療を行ったときの効果も実感しやすいというメリットもあります。元々薄くない部分をわざと短く切ってあるため、薄い部分に効果が現れたとき発見しやすいのです。AGA治療で、頭皮に直接成分を注入する方法がありますが、ソフトモヒカンだと実際に効果が現れたときには劇的になります。髪の毛が生えたという実感は、今後の治療にも前向きになれますし、周囲からの評価も得られます。短髪はセットもしやすく、シャンプーもしやすいというメリットもあります。毎朝髪の毛のセットで嫌な思いをしている人は、思い切って短髪にチャレンジしてみましょう。今の美容室ではソフトモヒカンは当たり前で、上手な美容師さんがたくさんいます。ネットなどで情報を収集してみましょう。