薄毛対策は若いうちに

AGAクリニックの医師などによると、AGA相談をしにくる男性は一定の年齢層に固まっています。40代以降の人が大半ということで、20代や30代前半の人は相談になかなか来てくれないと言っています。薄毛の治療そのものに恥ずかしさを感じているというのが理由です。

薄毛の対策は若いうちに行っていた方が効果的で、後になってからの苦労も少ないと言われています。というのも、薄毛や禿はある程度遺伝的要因が強いということが分かっており、検査によって薄毛や禿になる確率も予想でき、毛根の復活は早期の治療の方が効果が高いからです。遺伝的に薄毛になりやすい人は、早めに対策をしておいた方がいいというのは、専門家の一致した意見です。髪の毛がさびしくなってからでもAGA治療は可能ですが、若いうちに将来的な薄毛の可能性を理解して、薄毛対策をするのが大切です。AGAの治療だけでなく、普段の食生活の改善や睡眠時間の確保を意識することも含めて、総合的に予防しておくといいでしょう。

とはいえ、20代の若いときで薄毛にまだ悩んでないうちにAGAの無料相談を受ける人もなかなかいません。薄くもなっていないのに、AGAの相談に行くというのもおかしな話と受け止められるのは当然と言えるでしょう。ただ、現在では薄毛の原因となる遺伝子がかなりの程度特定されています。自分が薄毛の遺伝を持っているかどうかを調べてみましょう。薄毛の遺伝は約80%の確率で母方から引き継ぐと言われています。母方の親戚を見ると、自分が薄毛の家系かどうか、ある程度予想できます。もし、母親の父、兄などに薄毛の人がいたら、自分も薄毛になりやすいと疑っていいでしょう。

もし遺伝子を引き継いでいても、早期に治療を始めて生活習慣などの見直しをすることで、相当の程度薄毛を防ぐことができます。薄毛を進行させるのは、たとえば仕事のストレスや生活習慣の乱れ、不摂生などです。遺伝子のうえでまったく禿の家系でない人は、かなりの不摂生をしても禿げることは非常に珍しいです。薄毛の遺伝子といっても、何をやっても無駄というわけではありません。あくまで薄毛になりやすい体質を受け継いだということで、これに不摂生などの要素が加わって薄毛や禿になるというのが実際のところです。このことを理解して後天的にケアをしていき、食生活に気を使って睡眠時間をしっかり確保していけば、薄毛は回避できますし、すでに20代で髪の毛が薄くなってきた人でも治療が可能です。自分は禿の家系だからといって諦めず、AGA治療をしてみましょう。