伊勢湾台風

伊勢湾台風について聞いたことがあるかの?
ぶん蔵が話している
「歳時記」の「防災の日と関東大震災(9月1日)(1)」で見たわ。
この台風の災害も関東大震災とともに防災の日ができる一つのきっかけになったのよね。
くららが口を開けてひらめいた
そうじゃ。今から約50年前、昭和34年(1959)9月26日のことじゃ。
ぶん蔵が感心している
どんな台風だったの?
くららがちょっと疑問を感じている
国際名Vera(ヴェラ)こと台風第15号は、中心気圧929.2ヘクトパスカル、中心から半径約300キロメートルにわたり、風速30メートル以上の暴風域を伴って、和歌山県の潮(しおの)岬西方に上陸したんじゃ。
その後、伊勢湾の西側を通って日本海に抜けたんじゃ。
ぶん蔵が話している
洞爺丸台風と同じ、「第15号」だったのね。
くららがビックリした
中部地方を直撃した時の天気図デス。
アルチーボが話している
伊勢湾台風の天気図―昭和34年9月26日21時―
伊勢湾台風の天気図―昭和34年9月26日21時―
伊勢湾台風の天気図―昭和34年9月26日21時―
伊勢湾台風の天気図―昭和34年9月26日21時―
どのくらいの被害が出たの?
くららが腕を組んで話している
東京消防庁のデータによれば、全半壊・流失家屋15万3,893戸、浸水家屋36万3,611戸、死者4,700人、行方不明401人、傷者3万8,917人の被害じゃ。
ぶん蔵が考えている
ものすごい被害ね・・・
くららが目頭を押さえている
この犠牲者の数は、平成7年(1995)1月17日に発生した阪神・淡路大震災までは、戦後最大の自然災害だったんじゃよ。
ぶん蔵が考えている
ナオ、被害状況や、その後、この台風の被害をきっかけとして、災害対策基本法が制定されるまでについては、
「歳時記」の「伊勢湾台風上陸(9月26日)」と「今月のアーカイブ バックナンバー」の「昭和34年災害(伊勢湾台風)立法関係資料」をご覧クダサイ。
アルチーボが話している

■ 「気象災害」記事一覧
  1. 洞爺丸台風
  2. 伊勢湾台風
  3. 昭和38年1月豪雪